,
経済指標発表
FX データFX ブログ
兜町ブログ内検索

情勢

訪れる買い場にむけて

昨日のNY市場はまちまち。ダウは54ドル安の21574ドル、一方ナスダックは29ポイント高の6344ポイント。
S&Pも1ポイント上げて2460で取引を終了した。ナスダックとS&Pは史上最高値を更新。

 

続きは新規ブログに掲載

http://soubashi.com/blog/        


 

 メンバー登録                                       

動きにくいからこそ


いつも読んで頂きありがとうございます。 応援クリックが励みになります。  




昨日のNY市場は反落。
ダウは208ドル安の15885ドル、 ナスダックは72ポイント安の4518ポイント。
S&Pも29ポイント下げて1877で取引を終了した。

サウジが石油・ガス生産能力への投資継続を表明したことで 原油相場が反落し、売りが先行。
主要経済指標の発表もなく、主要企業決算や FOMCを前に手控えムードとなる中、原油相場の下落に伴い、 引けにかけて下げ幅を拡大する展開となった。

上海市場は21ポイント高の2938ポイントだった。 直近の為替レートは、ドル円で118円30銭台 ユーロ円で128円30銭台で推移している。


━─━─━─━─兜町の相場師 ━─━─━─━ 
─━─━─━─━─兜町の相場師 ━─━─━─━
 

FOMCを前に動きにくい展開。しかしながら短期筋には狙いやすい日となっている。
セオリー通りの展開となるのかザラ場見ていても楽しいかもしれない。

ここから上値を取っていくほど相場に強さが感じられない今だからこそ利益が取れる方法もある。 

勝ちたい方は
 会員登録のページから         
              
                                 

来年は資源・食糧関係

薄商いである。
こんな時にはあまり手を出さないでおいた方がいいだろう。
ただ相場としては弱くはない。

 
 ─━─━─━─━─兜町の相場師 ━─━─━─━─━─
*注目株はメール配信しています。
*携帯はこちらから。  
ランキングの協力お願いします      

─━─━─━─━─兜町の相場師 ━─━─━─━─━─


今日は円高に振れているので一時的な押し目があるかと思うがもしどうしてもというなら、リスクをとって買っても傷はつかないだろうとは思う。
 
その背景には外人の大幅な買い越しがある。
昨年1.7兆円の買い越しを記録したが、今年は3兆円に迫ろうとしている。
 
耳にタコができているかもしれないが、現在、日本の株価は外人が作っていると言っても過言ではない。
実際9月、10月とも全体の2/3が外人投資家のシェアとなっている。
 
来年も現在の強い相場が維持されると見ていいだろう。
特にコモディティの上昇は抑えがきかないだろうから、これも何度も書いているように、資源・食糧関係銘柄は注目しておくべきだろう。
 
もう弱気の虫は捨てて、外人の動きに乗るときである。
 
読者の方から、相場師が薦める5○○3を買ったが、買値を下回っているがどうしたらいいかとの質問をいただいた。
すぐに追証がかかるような買い方であるならともかく、そうではないならホールドしておいて問題はないだろうと思う。
この銘柄は、海外のインフラ開発に食いついていける銘柄なので、
目先落ちることはあっても、中期的には上昇していく銘柄だと思っている。

ここは持っている株を守るところだ。


来年は間違いなく資源・食糧関係が狙い目である。
資源の中には「水」も含まれていることをお忘れなく。

─━─━─━─━─兜町の相場師 ━─━─━─━─━─
*注目株はメール配信しています。
*携帯はこちらから。  
*株式投資注目銘柄    

*ご意見ご感想はこちら
 
─━─━─━─━─兜町の相場師 ━─━─━─━─━─                        

株高と景気

日本株については出来高も少なくあまり動いていない状況だ。
為替は年末特有の調整局面で、今後円安に振れていくだろう。
ドルを買い下がっていっていい局面だと思う。

 
 ─━─━─━─━─兜町の相場師 ━─━─━─━─━─
*注目株はメール配信しています。
*携帯はこちらから。  
ランキングの協力お願いします      

─━─━─━─━─兜町の相場師 ━─━─━─━─━─


中国の利上げについては、すぐに吸収されてしまう強さが中国にはある。むしろもたついているところは買いのチャンスと見るべきだろう。
 
米国の11月の住宅着工件数が予想以上ということだが、それでも絶対件数が以前にくらべると半分ほどだからまだまだ回復していないと見るほうが正しいだろう。
米国の金融政策の結果、株高で約100兆円の資産効果が生まれている。
 
金持ちには余裕が生まれ、それが高級店の繁盛につながっている。
金融当局とすれば、この資産効果がいずれ雇用増につながり
住宅着工件数の増加につながるとみているわけで、その趨勢は来年5〜6月には見えてくるだろう。
 
ただその時点でそうした効果が薄いと判断されれば、さらに次の金融緩和策を実行するだろう。米国は他国が何を言おうがそれを実行してくるはずだ。
 
その結果はどうなるかと言えば、金余り状況が加速され、株が続伸、資源・食糧は値上がり、本格的なインフレ状況に突入することになる。
 
「株が高いこと=景気が良い事」では決してない。
米国の12月の信頼感指数が3ヶ月ぶりに低下したが、
肌で感じる景況感と株価の乖離は、来年はもっと顕著になるだろう。
─━─━─━─━─兜町の相場師 ━─━─━─━─━─
*注目株はメール配信しています。
*携帯はこちらから。  
*株式投資注目銘柄    

*ご意見ご感想はこちら
 
─━─━─━─━─兜町の相場師 ━─━─━─━─━─                       

10650円をどう見るか?

昨日のブログに、1/4終値の10650円を年内に抜けば
来年の相場はかなり期待できそうだと書いたが、
NY、日本とも動きがあまりにも鈍い。

SQの10420円は抜いてくるだろうが、
年初の株価を抜いてくるかどうかは微妙なところだ。
今日からは年またぎとなり、年内現金化を望む向きは手を出してこない。
 
 ─━─━─━─━─兜町の相場師 ━─━─━─━─━─
*注目株はメール配信しています。
*携帯はこちらから。  
ランキングの協力お願いします      

─━─━─━─━─兜町の相場師 ━─━─━─━─━─



年末を日本で過ごすため友人たちが帰国しているが、みんな口をそろえて景気の悪さを嘆いている。
米国の景気の悪さは外から見る以上らしい。
日本であれば選ばなければまだ職はあるが米国では高学歴であればあるほど職が無い状況になって、時給3$の仕事にもありつけないという。

この状況は来年に入っても変わらないだろう。
政府が刷ったドルで企業が自社株買いをすることで株価は上がっているが、足元は相当に危ないと見るべきだろう。


さて、年末ということで新たに仕掛けるところではないが、
なにか個別銘柄を狙いたいという向きに、
相場師が注目している銘柄をお伝えしておきたい。
6○○0と5○○2である。
どちらもいいところまで下がってきており、
いつ伸びてきてもおかしくない状況にあると思う。
メール会員の方には具体銘柄をお伝えします。

 
─━─━─━─━─兜町の相場師 ━─━─━─━─━─
*注目株はメール配信しています。
*携帯はこちらから。  
*株式投資注目銘柄    

*ご意見ご感想はこちら
 
─━─━─━─━─兜町の相場師 ━─━─━─━─━─                      
メンバー会員募集
為替
スワップポイント 複利運用
騰落レシオ
格言