,
経済指標発表
兜町ブログ内検索

相場

 売りを飲み込む力があるか

昨日のNY市場は反落。ダウは396ドル安の25890ドル、ナスダックは89ポイント安の10343ポイント。
S&Pは34ポイント下げて3145で取引を終了した。

感染が落ち着いたニューヨーク州やニュージャージー州が他州からの旅行者に対する一定期間の隔離要請を拡大する方針を示したことなどを受けて新型ウイルス拡大への懸念が強まり、下落で寄り付いた。




続きは新規ブログに掲載
                                                            

株価はあくまで株価


昨日のNY市場は続伸。ダウは459ドル高の26287ドル、ナスダックは226ポイント高の10433ポイント。
S&Pは49ポイント上げて3179で取引を終了した。

中国当局が「健全な強い市場が重要」との見解を示し、上海総合指数が2年ぶり高値を更新するなど中国やアジアの株高を受けて買いが先行。




続きは新規ブログに掲載
                                                           

まずは東京

昨日のNY市場は上昇。
ダウは92ドル高の25827ドル、 ナスダックは53ポイント高の10207ポイント。
S&Pは14ポイント上げて3130で取引を終了した。
6月雇用統計が予想を上回ったため、早期回復期待が高まり 大きく上昇して寄り付いた。


続きは新規ブログに掲載
                                                          

慌てず、動かず

昨日のNY市場はまちまち。ダウは77ドル安の25734ドル、 ナスダックは95ポイント高の10154ポイント。
S&Pも15ポイント上げて3115で取引を終了した。
ウイルスワクチンの開発期待や6月ISM製造業景況指数が 予想外に活動の拡大を示す50を回復したことで 投資家心理が改善、上昇して寄り付いた。




続きは新規ブログに掲載
                                                         

個人がどちらに動くか

昨日のNY市場は続伸。
ダウは217ドル高の25812ドル、 ナスダックは184ポイント高の10058ポイント。
S&Pは47ポイント上げて3100で取引を終了した。

新型コロナ感染拡大への懸念や、6月シカゴ購買部協会景気指数が 予想を下回ったことで下落して寄り付いた。



続きは新規ブログに掲載
                                                      
メンバー会員募集
格言