,
経済指標発表
兜町ブログ内検索

相場

問題は東京

昨日のNY市場は反落。ダウは135ドル安の26734ドル、 ナスダックは76ポイント安の10473ポイント。 S&Pは10ポイント下げて3215で取引を終了した。

先週分の新規失業保険申請件数が予想を上回り 17週連続で100万件以上のペースを保っており 労働市場の遅い回復が嫌気され下落で寄り付いた。




 続きは新規ブログに掲載

   

狙うのは弱い所

昨日のNY市場は上昇。ダウは556ドル高の26642ドル、 ナスダックは97ポイント高の10488ポイント。 S&Pは42ポイント上げて3197で取引を終了した。

カリフォルニア州などウイルス感染再燃により 経済活動の再開を数段階戻す動きが見られ、景気回復が 遅れるとの懸念や米中関係の悪化懸念から下落で寄り付いた。

 続きは新規ブログに掲載

  

勢いに変化が出れば面白い

昨日のNY市場はまちまち。ダウは10ドル高の26085ドル、 一方、ナスダックは226ポイント安の10390ポイント。 S&Pも29ポイント下げて3155で取引を終了した。




続きは新規ブログに掲載

  

東京も注意が必要か

昨日のNY市場はまちまち。ダウは361ドル安の25706ドル、ナスダックは55ポイント高の10547ポイント。
S&Pは17ポイント下げて3152で取引を終了した。

先週分の新規失業保険申請件数が予想以上に減少したことを好感し、上昇して寄り付き、ナスダック総合指数は一時過去最高値を更新した

様子見気分の相場の過ごし方

昨日のNY市場は反発。ダウは177ドル高の26067ドル、
ナスダックは146ポイント高の10492ポイント。
S&Pは24ポイント上げて3169で取引を終了した。

ハイテク株が押し上げた形で上昇で寄り付いた。




続きは新規ブログに掲載

 
メンバー会員募集
格言