,
経済指標発表
兜町ブログ内検索

まずは東京

昨日のNY市場は上昇。
ダウは92ドル高の25827ドル、 ナスダックは53ポイント高の10207ポイント。
S&Pは14ポイント上げて3130で取引を終了した。
6月雇用統計が予想を上回ったため、早期回復期待が高まり 大きく上昇して寄り付いた。


続きは新規ブログに掲載
                                                          

慌てず、動かず

昨日のNY市場はまちまち。ダウは77ドル安の25734ドル、 ナスダックは95ポイント高の10154ポイント。
S&Pも15ポイント上げて3115で取引を終了した。
ウイルスワクチンの開発期待や6月ISM製造業景況指数が 予想外に活動の拡大を示す50を回復したことで 投資家心理が改善、上昇して寄り付いた。




続きは新規ブログに掲載
                                                         

個人がどちらに動くか

昨日のNY市場は続伸。
ダウは217ドル高の25812ドル、 ナスダックは184ポイント高の10058ポイント。
S&Pは47ポイント上げて3100で取引を終了した。

新型コロナ感染拡大への懸念や、6月シカゴ購買部協会景気指数が 予想を下回ったことで下落して寄り付いた。



続きは新規ブログに掲載
                                                      

動きは読みやすい

昨日のNY市場は反発。

ダウは580ドル高の25595ドル、 ナスダックは116ポイント高の9874ポイント。
S&Pは44ポイント上げて3053で取引を終了した。

全米でウイルス感染が急増していることを受けて 朝方は概ね前日終値の水準で寄り付いたものの、 航空機メーカーのボーイングが大きく上昇し相場をけん引した。



続きは新規ブログに掲載
                                                     

追撃か手仕舞いか

先週末のNY市場は大幅反落。ダウは730ドル安の25015ドル、ナスダックは259ポイント安の9757ポイント。
S&Pは74ポイント下げて3009で取引を終了した。

米国内で新型コロナの新規感染者数が再び増加傾向に転じ、景気回復の妨げとなることへの懸念が広がり、株価は終日、ジリジリと値を下げました。
メンバー会員募集
格言