昨日のNY市場はまちまち。ダウは170ドル安の26119ドル、ナスダックは14ポイント高の9910ポイント。
S&Pは11ポイント下げて3113で取引を終了した。

景気回復期待で上昇して寄り付いたが、中国北京の感染拡大やテキサス州のウイルス患者入院数の急増が伝えられると、感染第2波への懸念が上値を抑え、前日終値を挟んで揉み合う展開となった。




続きは新規ブログに掲載