昨日のNY市場はまちまち。ダウは96ドル安の25554ドル、一方、ナスダックは32ポイント高の7591ポイント。
S&Pも8ポイント上げて2791で取引を終了した。

2月消費者物価指数(食品とエネルギー除く)が予想外の鈍化となり、利上げ据え置きが長期化するとの見方から、S&P500とナスダックに買いが先行。




続きは新規ブログに掲載
 メンバー登録