,
経済指標発表
FX データFX ブログ
兜町ブログ内検索

これで連休前の形は出来た。


昨日のNY市場は上昇。ダウは174ドル高の20578ドル、
ナスダックは53ポイント高の5916ポイントで史上最高値を更新。
S&Pも17ポイント上げて2355で取引を終了した。

複数の主要企業決算が好感されたほか、
週間新規失業保険申請件数や3月景気先行指数が堅調な内容となり、
買いが先行。


続きは新規ブログに掲載

http://soubashi.com/blog/ 

朝の勢いがどこまで続くか

昨日のNY市場はまちまち。ダウは118ドル安の20404ドル、ナスダックは13ポイント高の5863ポイント。
S&Pは4ポイント下げて2338で取引を終了した。

複数の主要企業決算が堅調な内容となり、買いが先行。

ハイテク株を中心に買いが広がったものの、原油相場の下落に加えて、IBMの決算内容が嫌気され、上値の重い展開となった。

ベージュブックでは全体的に景気が緩やかに拡大したとの認識が示されたが、個人消費が強弱入り混じる内容となったこともあり、相場への影響は限定的だった。

上海市場は26ポイント安の3170ポイントだった。

直近の為替レートは、ドル円で108円80銭台ユーロ円で116円50銭台で推移している。


続きは新規ブログに掲載

http://soubashi.com/blog/        

緩やかな回復で、連休までに方向性が見つかるかどうか


昨日のNY市場は反落。ダウは113ドル安の20523ドル、ナスダックは7ポイント安の5849ポイント。
S&Pも6ポイント下げて2342で取引を終了した。

複数の主要企業決算が軟調な内容となり、売りが先行。

仏大統領選が4月末に控える中、英国のメイ首相がEU離脱交渉の是非を問う解散総選挙の実施を表明し、先行き不透明感から欧州株が全面安となったほか、北朝鮮情勢への警戒感も根強く軟調推移となった。

上海市場は25ポイント安の3196ポイントだった。

直近の為替レートは、ドル円で108円40銭台ユーロ円で116円30銭台で推移している。



続きは新規ブログに掲載

http://soubashi.com/blog/       

短期勝負

昨日のNY市場は大幅上昇。ダウは138ドル高の20636ドル、
ナスダックは51ポイント高の5856ポイント。S&Pも20ポイント上げて2349で取引を終了した。

先週末にかけて地政学的リスクが高まっていた反動から、金融やハイテクセクターを中心に買い戻しが入ったことと今週から本格化する1-3月期決算への期待も相まって、引けにかけて上げ幅を拡大した。

上海市場は23ポイント安の3222ポイントだった。

直近の為替レートは、ドル円で108円90銭台ユーロ円で115円90銭台とやや円安で推移している。



続きは新規ブログに掲載

http://soubashi.com/blog/       

今週の展望

昨日のNY市場はグッドフライデーのため休場。

直近の為替レートは、ドル円で108円70銭台
ユーロ円で115円40銭台とやや円高で推移している。



今週の展望は新規ブログに掲載

http://soubashi.com/blog/      

落ち着きを取り戻せるか

昨日のNY市場は大幅下落。
ダウは158ドル安の20453ドル、ナスダックは31ポイント安の5805ポイント。
S&Pも15ポイント下げて2328で取引を終了した。

3月生産者物価指数(PPI)が予想を下振れ、売りが先行。前日にトランプ大統領が低金利政策が望ましいとの考えを示し、利上げ観測の後退から米国債利回りが低下したことも上値を抑えた。 原油相場が下落したほか、地政学的リスクが高まるなか、米軍がアフガニスタンで過去最大級の大型爆弾を使用したことが嫌気され、引けにかけて下げ幅を拡大した。

今日はグッドフライデーの祝日で米国株式相場は休場となる。 上海市場は2ポイント高の3275ポイントだった。 直近の為替レートは、ドル円で109円10銭台ユーロ円で115円80銭台で推移している。


続きは新規ブログに掲載

http://soubashi.com/blog/     

ヘッジファンドの売り仕掛けで狙う銘柄



昨日のNY市場は続落。
ダウは59ドル明日の20591ドル、ナスダックは30ポイント安の5836ポイント。 S&Pも8ポイント下げて2344で取引を終了した。

シリアや北朝鮮の地政学的リスクの上昇を背景に引き続き投資家のリスク回避姿勢が強く売りが先行。 1-3月期決算発表を見極めたいとの思惑から買い戻しが入ったが、ティラーソン国務長官と露のラブロフ外相の記者会見で、シリア問題を巡る両国の隔たりが示され、引けにかけて下落した。

上海市場は15ポイント安の3273ポイントだった。 直近の為替レートは、ドル円は109円を挟む動き、ユーロ円は116円30銭台といずれも円高で推移している



続きは新規ブログに掲載

http://soubashi.com/blog/    

投資家心理の悪化は今週いっぱい


昨日のNY市場は下落。
ダウは6ドル安の20651ドル、 ナスダックは14ポイント安の5866ポイント。
S&Pも3ポイント下げて2353で取引を終了した。

シリアや北朝鮮情勢への警戒感から 投資家心理の悪化が続いており、売りが先行。 安全資産として米国債を選好する動きが強まり、 国債利回りが下落したことで金融株を中心に軟調推移となったが、 翌日から始まる1-3月期決算を見極めたいとの思惑から 引けにかけては下げ幅を縮小した。

上海市場は19ポイント高の3288ポイントだった。

直近の為替レートは、ドル円で109円60銭台と 5か月ぶりの110円割れとなり、 ユーロ円では116円20銭台といずれも円高となっている。



続きは新規ブログに掲載

http://soubashi.com/blog/   

予想以上の利益を叩き出してきた


昨日のNY市場は小幅上昇。ダウは1ドル高の20658ドル、
ナスダックは3ポイント高の5880ポイント。S&Pも1ポイント上げて2357で取引を終了した。

シリア情勢の緊迫化や武装集団の妨害でリビアの油送管操業が停止したとの報道による原油高を好感し買いが先行。

その後、北朝鮮を巡る地政学リスクの上昇を背景に上げ幅を縮小し下落に転じたが、原油相場の続伸に伴い再び上昇した。

上海市場は17ポイント安の3269ポイントだった。

直近の為替レートは、ドル円で110円90銭台ユーロ円で117円40銭台で推移している。



続きは新規ブログに掲載

http://soubashi.com/blog/  

今週の展望は新しいブログに掲載


先週末のNY市場は小幅反落。ダウは6ドル安の20656ドル、
ナスダックは1ポイント安の5877ポイント。
S&Pも2ポイント下げて2355で取引を終了した。

上海市場は5ポイント高の3286ポイントだった。

直近の為替レートは、ドル円で111円の飛び台
ユーロ円で117円50銭台で推移している。



今週の展望は新しいブログに掲載

http://soubashi.com/blog/ 
メンバー会員募集
為替
スワップポイント 複利運用
騰落レシオ
格言